京都洛北の里山農村・大原で、自然にそっと寄り添いながら農を営んでおられる音吹畑さん。
 
日々の暮らしの中で聴こえる虫の音や風の音、雨のリズム、木々のざわめき、草のささやき。
身体で感じる全てに耳を澄ましながら、農に向き合うその生き方にGg'sも感銘を受け、大原朝市に会いに行ったのがご縁の始まりでした。
 
「『野菜をつくる』のではなく、『野菜をつくる環境をつくる』。」
 
あくまで、野菜をつくり育てるのは土。
土があり草があるところに虫がよってきて、それらが重なって野菜をつくる環境ができる。
 
少なからず人の手によって自然を変えてしまう"農業"というものに日々向き合いながら、
その中で自然に寄り添う方法を常に考えて育てられたお野菜は、瑞々しいエネルギーで溢れています。
 
カラフルで美しい、珍しいお野菜も多く育てておられ、ハーブ類、そしてエディブルフラワー(食用の花)も大人気。食卓がちょっと楽しくなるお野菜をどうぞ。
 
 

春夏

リーフレタス オクラ 白なす 緑なす パクチー ハーブ類 エディブルフラワー など

秋冬

カラフル大根 カラフルにんじん かぶ ほうれん草 春菊 チンゲンサイ など

 

カラフルにんじん

 

甘くてみずみずしく、何より香りが高くて大好評の音吹畑さんのにんじん。オレンジ、紅、黄、紫、と本当にカラフルで美しいです。まずは生で、スティックやスライスしてお召し上がり下さい。ゆっくり火を通して蒸すと、さらに甘みが増します。料理人も唸る美味しさです。
 

 

エディブルフラワー

 

お野菜だけでなく、エディブルフラワー(=食用の花)やハーブにも力を入れておられる音吹畑さん。青や白のボリジ、オレンジや黄のナスタチウム、ピンクや紫の矢車草。サラダに混ぜるだけで食卓に華が広がります。